芸能人

B’z 稲葉浩志 脅威の声量とハイトーンの裏にある努力とは

Advertisements


もともと4-5人のメンバー編成も考えていたとのこと。
でも、重要なものを飾るのは2人くらい
ということで、
2人がいいかなって思ったとのこと。

2人組ではあるがリーダーは松本が務めている。

稲葉 浩志(Koshi Inaba)
本名:稲葉 浩志(Hiroshi Inaba)

学歴:横浜国立大学教育学部中学校教員養成課程
(数学)
業種:ボーカリスト


肺活量は8,000cc超と成人男性の平均数値(3,000~4,000cc)
を大きく上回り、
ライブ終盤においてもなんと
30秒を超えるロングトーンを披露可能。

ライブツアー前や最中は、
喉への負担を極力避けて
神経質なまでに声の維持に努めている。

具体的な方法とは?

温かいハーブティーを愛飲し、冷たい飲食物を避けている。

温かい湯船に浸かるのを日課とし、体温を低下させないようにしている。

季節を問わず スタジオでは加湿器を使用している。

楽屋ではスタッフに扉の
縁を目張りで密封処理させる。
廊下からの冷気を避けるため。

空気の乾燥を防ぐために極力冷房は使用しない、
冷房使用時には窓を開ける。

喉のケアを怠らない理由


乾燥してちょっとでも(声が)出なくなると、あの時
(喉のケアを)やっときゃよかったと思うのが嫌なので、
つい念を入れがちになるんですよね。

2004年初頭に声帯に水ぶくれのようなものが出来たために声が出なくなり、手術をした
ことが発端。それ以来、医師から喉の乾燥を防ぐため湿度を50%に保つよう指示され、
毎月定期検査を受けているとのこと。

プロとして、活躍の裏には、努力があるということですね。

自分でも気づいていない音痴を直す方法が公開されている

1日10分で恥ずかしい音痴を直せる方法が
公開されています。

⇒恥ずかしい音痴を簡単に直す方法を見てみる